IPアドレス 凍結条件 フォローマティック・フォローブースターPRO

IPアドレス

 

現在フォローマティックとフォローブースターPROを両方使っていろいろ実験しています。

PCは2台使っています。

1台は家のLAN環境、もう1台はモバイルデータ通信カードを使ってます。

実験しつつフォロワーを増やしているのですが、IPアドレスと凍結条件が気になったので、その道のプロ数名に聞いてみたのでシェアします。

 

同一IPアドレスを気にしたほうがいい場合

今現在、同一IPアドレスが問題になるのは、Twitterアカウントを作る場合だけ、という考え方が主流のようです。

 

Twitterアカウントを複数同時に作りたい場合

わたしはモバイルデータ通信カードを「1アカウント作るたびに」切断⇒接続をすることによって、グローバルIPアドレスを変えています。

家のルーターの再起動はちょっと面倒で、ロス時間が多いですからね。数十秒程度。

1アカウントとは、わたしの場合、メールアドレスの新規アカウント と Twitterアカウントの両方ですね。

自前のドメインでメールアドレスを発行する場合は問題ないですが、YahooやExciteのメアドを取得する際は、1日に同一IPアドレスから取れるメアドに制限があるので、Twitterと同じタイミングで作成しています。Twitterのアカウント数を複数育て始めてから、寄騎の偉大さがわかってきました。

 

通常の凍結にIPアドレスは無関係?

1度にツールに登録するTwitterアカウントは9だったり、20だったりとツール開発元からの推奨がありますよね。

ただ、そこには1つのIPアドレスに9人までじゃないと凍結する!という明確な理由は無いようですね。

 

理由はグローバルIPアドレス = 個人の特定、ではないからです。

たとえば、マンションや会社では1つのグローバルIPを数百人で共有していることもあります。

ですから、同一IPアドレスからアクセスが集中しても、必ずしも 黒 とは断定できないのです。

 

とはいえ、開発元も、なんとなく凍結リスクが高まるのでは、というリスクは感じているようで、同じIPアドレスでの複数起動をやり過ぎのはよくないとしていますね。

 

では1つのPCに100アカウント登録しても大丈夫?

上記の話を踏まえると、理論的には可能ですし問題がありません。

しかし別の問題が起きてしまいます。

それは、ツールへの負荷も高まり不安定になるというリスク、

加えて、大きいのが、1日で全アカウント分の作業(ツールの自動作業)が回りきらない、ということ。

そのため、フォロワーを最速で増やす、という観点では非効率になってしまう、という問題がおきるわけですね。

 

大量アカウントを効率的に同時に育てたい場合は、複数のPC、もしくは仮想マシンを用意する必要があるということになりますね。

 

以上です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ