Googleアドセンスアカウント停止でライバルサイトが突然終了した。

グーグルアドセンス 停止

 

トレンドアフィリエイトというものの危うさ、リスクをまざまざと体感する出来事が起きました。

わたしのトレンドアフィリエイト手法ではテレビ番組を軸に記事を書いているのですが、とある人気番組でアクセス数・上位常時を競い合っているライバルサイトがありました。

1日1万ユニークユーザーのアクセスを軽く超えるようなライバルサイトで、わたしよりも歴史が古く見習うものが多いサイトでした。そのサイトのGoogle広告だけで月収50-100万円くらいだったのではと予想しています。

 

—> トレンド未来予測記事に向くテレビドラマとは? <—

 

ライバルサイトは格好の勉強素材

ここで1つ教訓を挟んでおきましょう。

キーワードを考え、記事を書いて、上位表示されたかどうか、アクセス数は集まったかどうかのチェックは、トレンドアフィリエイトに慣れていてもある程度は行うものです。

そういう作業を繰り返していると、競合するサイトがいつも同じになるというケースってあるんですよね。

1つの分野、テレビ番組のネタを多く書いていると、同じネタを狙っているライバルサイトの存在はわかってくるものです。

そういうサイトってすごい勉強になるんですよね。

キーワードの選び方、サイドバーの作り方、他のネタの探し方、などなど、とても面白いです。

わたしにはいくつもブクマしてるライバルサイトがあります。

ネタを先越されないかなぁとか、どんなネタ拾ってるのかなぁと、もはやそれは立派な芸能記者もどきですね(笑)

研究すると、ライバルサイトがどこのニュースソースからネタを拾ってるかすらわかってきて、かぶってると、先に記事を書くのはどっちだ、みたいな競争になり、なかなかスリリングで緊張感があります。正直、そこまではやりたくないのですが。。

 

ライバルサイトの突然の終了宣言

そんな中、あるライバルサイトの1つが今後更新をやめますという宣言記事が掲載されているのを見つけました。

なんだろうと思って頭を巡らせながら過去の記事を眺めていると、アドセンス広告がないことに気づきました。

あぁ、、、これってもしかしてGoogleの広告アカウント停止を食らったのかな、、と予測がつきました。

アクセス数をわけあっていた敵とはいえ、非常に残念だろうなぁと思う反面、明日は我が身かもしれないと恐々としました。

ただ、そのサイトを見ていて、前から少し危ういなと感じていました。

それは、人気記事の中に違法にアップロードされた動画を組み込んでいたからですね。

 

トレンドアフィリはGoogleの判断に左右されるところがとても多いのが、最大のリスクです。

停止されてしまっては元も子もないので、グレーゾーンはなるべくわたらないに越したことはないですね。

画像位は大丈夫だと信じていますが。

アダルト系にカテゴライズされるような記事や画像は絶対に避けるべきでしょうね。

 

後日談1

Googleアカウントが停止されると、そのサイトの記事も検索から外れるようですね。

キーワードでも競っていた場合は、外れるとこっちに流れてくる、ということもありえるのですね。

3 Responses to “Googleアドセンスアカウント停止でライバルサイトが突然終了した。”

  1. アドセンスでのサイトテーマの選び方とは? | 物販アフィリエイトを楽しく継続するやり方 より:

    […] トレンドアフィリエイトをしたい人は このブログを読んで理解してから決めたほうが無難だよ。 […]

  2. 名無しさん より:

    私のサイトもAdSenseアカウントを停止されましたが、何も変わらず検索上位に表示されています。
    検索順位とアカウント停止は関係ないのではないでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ