WP-PostViewsはwpXサーバー、クラウドでは正しく動かない

wpX WP-PostViews

 

トレンドアフィリエイトをやっていると、自分が書いた記事ごとのアクセス数ってすぐに見れると嬉しいですよね。

Google Analyticsだと少し見づらいですし、手間(数クリック)がかかりますし。

そんな要望に応えてくれるのがWP-PostViewsというワードプレスのプラグインです。

投稿一覧に、記事ごとのView数が出るのが見やすいのです。

もちろんWordpress Popular Postのように、ウィジェットにして人気記事(期間指定可能)も出せるので便利です。

 

WP-PostViews カラム 投稿数

 

こんな感じで、右側にview数が出てきます。

数字が少ないのは、、これから書く、ある環境だとうまく動いていないからです。

 

キャッシュを使うようなプラグイン、環境だとWP-PostViewsが正しくカウントできない

  • WP Super Cache
    • 静的コンテンツ等をキャッシュして高速に画面を表示させる代表的なプラグイン
  • wpX Cache Controller
    • エックスサーバのwpXクラウド、wpXサーバなどで利用される高速化のための独自プラグイン

 

これらのプラグインを利用している場合、

WP-PostViewsのアクセスカウンターが正常に動きません。

0のままというのではなく、キャッシュが更新されたときだけカウンターが回るので、著しく低いView数しか見る事が出来ませんので、実質使えません。

wpXクラウド、wpXサーバを利用される人は、WP-PostViewsのプラグインを使うことはあきらめたほうが良いです。キャッシュプラグイン(wpX Cache Controller)は必須ですし、高速化を支えている大事なプラグインのようなので。

 

WP-PostViews同様に、投稿一覧でView数を表示してくれる「BAW Post Views Count」というプラグインもあるのですが、これも正しく動作しません。

 

結局、昔使っていた「Wordpress Popular Posts」に戻ってしまいました。

この手のカウンター系プラグインは、インストールしたときからじゃないと累積数が取れないので、一番最初にWordpress Popular PostsとWP-PostViewsを両方インストールしておいたのが役に立ちました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ