アフィリエイトビジネス、トレンドは1人でやると稼ぎが頭打ちになる?

1人 アフィリエイト トレンド 頭打ち

 

アフィリエイトは個人でやるもので、PCとインターネットがあれば仕事ができる、しかし、1人で稼げる額はたかが知れているのではないか? そう思われていることが多いようなので、そんなこともないんだよ、ということを記事にしたいと思います。

 

この疑問、実はわたしがアフィリエイトを始める前に抱いていた印象なんですよね。

 

結論から書きますと、1人だけでも、わたしの知る限り月収1000万円を実現してる人は何人もいます。数えてはいませんが、何百人、何千人もいると思います。もっといるかも。

サラリーマンで年収1000万円というと、1つの大きな壁、目標、夢であったりするラインかもしれませんが、それを1ヶ月に稼ぎだしてしまう、それもそれなりに安定的に。

 

Amazonや楽天の商品を紹介するアフィリエイトだと・・・

小売商品のアフィリエイトだと、単価が小さいので、月間10万超えることも相当大変だと思います。

ましてや、100万円、1000万円となると、よっぽどニッチで、誰も知らない商品を紹介しているような人じゃないと難しいでしょう。わたしには想像ができません。

もしくは、物販のブログアフィリエイトサイト(サイトアフィリとも言いますね)を数百、数千の単位で作って、それを運営している。。。想像したくないですね。

商品のサイトって、長く続きそうですが、商品名が変わったり、販売停止になるとアクセスが来ないので、作り続けないといけないと思います。労働集約型のモデルになるので、頭打ちが来ると思います。

わたしはサイトアフィリはあまり本格的にやっていないこともあり、金額的にどれくらい稼げそうかという勘所が無いです。

1つ最初に作った、ちょっとした病気の治療法のサイトがあるのですが、それは月3万円くらいは凸凹なしにアドセンス広告で稼げています。100記事弱くらいです。毎日2000訪問者(UU)のアクセスがあります。わたしの持病みたいなもので、興味とネタが尽きなかったので記事をいっぱい書けましたが、同じようなサイトを他に10個作れと言われても、かなりきついです。。 数を作るのでなく、2000UUを10000UUにするために頑張っています。どうやらわたしは、数打つよりも、少ないサイトを育てるほうが性に合っているようです。

 

トレンドアフィリエイト、トレンドサイトだと・・・

わたしの今のトレンドアフィリエイトの実力だと、わたし1人で1サイトで、50-100万円くらいかなと思います。逆に、そこまでは伸ばせます。時間があれば、トレンドサイトを資産型と速報型で合計3つくらいであれば運用できます。

ただ、副業だと無理で、専業でやらないといけないので、比較的労働集約型のビジネスと言われるトレンドアフィリの限界が来ます。

わたしは、外注やTwitterなどのツールをうまく活用して、頭打ちになるラインを引き上げるように日々精進しています。トレンドアフィリエイトが好きなので、トレンドアフィリエイトを突き詰めて、このサイトで情報発信していきたいのです。

 

100万とか1000万って一体どうやってやれば・・・

すごく簡単に書くと、

コンテンツ(記事、メルマガ)を最初に一生懸命作りこみ、それを見た人が、紹介している何かを買いたくなるような仕掛けを作っておき、新しいコンテンツをほとんど作らなくても、お金がどんどん落ちてくるメカニズムを作ることによって、100万円を超えるような金額を稼ぎだしている人が、ほとんどです。

 

ポイント
  • 扱う商品が高額で、1つ売れると数千円の商品のアフィリエイトをやることで、圧倒的な金額に到達します。
  • コンテンツを見に来る人の購買意欲が高く、成約率が高い

 

今はまだ想像もできないかもしれません。

しかし、アフィリエイトビジネスで成功している人は、ほぼ例外なくこの仕組を作り出しています。そしてその仕組も、こなれた方法が存在しているのです(さすがに誰にでもやれるわけではないですが、方法論・テンプレートは存在します。)

 

会社を設立するメリットは?

話は変わりますが、なかにはアフィリエイトで成功した人が会社を作る人がいます。ここでいう会社とは、税金対策としての法人化ではなく、仲間を募って会社を作ることを指します。

単純なアフィリエイトを、会社を作ってやるメリットはありません。1+1は基本的には2です。

 

では何のために会社を?

アフィリエイトを助ける、補助する側に回る人が多いです。

アフィリエイターのツールやテンプレートを開発・販売する、もしくはノウハウを情報商材として売る(これは個人でやってる人も多い)、などが考えられます。

他には、会社とは行かなくても、チームみたいなものを作る人は多いですね。推測ですが、儲かりまくった人は、寂しくなり、他にも自分と同じように儲ける人を作って一緒に遊びたい、だからチームを作って自分のノウハウを教えてあげる代わりに仲間になって、というモデル。そこまで到達出来るのはほんの一握りの人ですが。

まぁそのチームみたいなものを構成するのが、なんとなく現代のねずみ講と言われる所以の1つだったりします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ