トレンドアフィリ裏技テクニック キーワード選定その2

武器 キーワード

 

トレンドアフィリエイトのキーワード選定における裏技の第二弾です。

 

自分なりの武器を持とう

自分の得意キーワード、テレビ番組、なんでも良いのですが、アクセス数を数千以上獲得したキーワードを経験すると、自分に自信がつくと思います。

最初のうちは、そう何個もヒットキーワードを連発するのは難しいので、1つ成功したキーワードがあればそれを使って、広げていくという作戦は通用しやすいです。

 

具体的には?

メジャーになってきていますが、芸能人が有名になると、なぜか、関連検索ワードの候補(Yahooだと虫眼鏡)に「創価学会」とか「在日」といったキーワードが出てきます。全然関係ないのにも関わらずです。女性芸能人だと必ず「カップ」というワードがつくのと同じ傾向ですね。

その傾向を利用して、新しい芸能人が出てきた時に、いち早くそのキーワードを使って記事タイトルにすれば、上位表示されます。

こんな感じで、1つ当たると、同じワードで他の芸能人にも応用できるので、それだけで横に広げていくと、アクセス数も伸びていきます。人にまつわる情報は、息が長く検索されるので、資産としても生きてきますのでオススメです。

 

あとは、下克上のテキストにも書いてありますが、イベント系のキーワードの場合は、昨年検索されたキーワードを調べてみるのもすごく有効です。

レコード大賞でどんなキーワードが検索されるんだろう、ッて思ったのであれば、レコード大賞2012で検索して、関連ワードをチェックするのも有効です。 レコ大 と略したバージョンの関連を拾うのもありです。

 

キーワード自体はなんでも良いのですが、1つの当たりを、他の人やイベントにも転用して記事を増やすのは、非常に効率が良いやり方です。

 

裏技1と組み合わせる

⇨⇨⇨ トレンドアフィリ裏技テクニック キーワード選定その1

裏技テクニックの1と組み合わせることで、更に有効になります。

 

例えば、レコード大賞 2012 観覧 という検索ワードが、去年のワードをチェックすると出ていたとします。

観覧というのは、あらゆる音楽番組の特番もので検索されるワードになります。

こういう法則性のあるワードを見つけて、横展開するのが上で書いた裏技2です。

 

これを、裏技1とくみあわせると、

まだ、観覧方法が公式にアナウンスされていないのに、そのキーワードを使って記事を書いてしまうという、本当やよろしくないやり方です。キーワード選定に慣れたらやめましょうね。あなたのトレンドサイトの本質的な価値を落としてしまうので。。

独自ドメイン間の競合争いだと、先に記事を書いたほうが有利になることが多いので、この裏技が生きるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ