WPTouchと賢威6.1のレスポンシブデザインどちらが広告効果高い?

スマホ

 

いろんな商材や無料レポートにおいて、ワードプレスの必須・定番プラグインの1つとして挙げられることの多い『WPTouch 』というスマホ用に自動でデザインを変換してくれる便利なプラグインです。

いわゆるレスポンシブWebデザインと呼ばれる機能をもたらしてくれるわけですが、最新の賢威では、デフォルトでこのレスポンシブデザインが搭載されています。

 

WP Touchと賢威のレスポンシブデザインって、見た目が異なるのか?

異なります。

デザインなので、デザインのカスタマイズに詳しい人はとっては、好きなようにいじればいいだけの話ですが、わたしなんかは基本デフォルトをそのまま使ってしまうので、デフォルトでも十分にすばらしい事が嬉しいです。

WP Touchのデザインはわたしが見た限りではおとなしい感じのデザイン、色ですが、賢威はテーマに沿った配色になるのでデスクトップとも統一感があります。

一目瞭然で、賢威のデザインのほうが良いと思いました。

 

WP Touchと賢威のレスポンシブデザインで広告のクリック率、CTRは異なるか?

トレンドアフィリエイトでクリック率はとても重要な要素で、稼ぎに直結します。

気になっていたので実験しました。

具体的なデータはGoogle規約で出せないので、信憑性にかけるかもしれません。。

長期間検証したわけではなく、3-4日程度です。アクセスは1日に数万人アクセスがあるトレンドサイトですので、データとしてはそれなりに揃っているかと思います。

 

大きな違いは無いですが、CTRで0.1-0.2%、賢威のほうが良かった結果になりました。

誤差といえなくもない範囲ですね。

正直、記事の内容によってCTRは変わるので、同じテンプレートを使い続けてもこれくらいの誤差は出るかもしれません。

とはいえ、事実として、わたしのサイトでは賢威のスマホデザインのほうが広告クリック率が高かったので、賢威のみで運用しています。

とはいえ、驚くほどの差があるわけでもないので、正直、そのために賢威に乗り換える必要があるかといわれると、微妙ですね。

賢威のレビューにも書いてますが、SEOテンプレートは気持ちの部分もあるので、わたしは賢威をオススメしています。

 

⇒⇒⇒ 賢威レビュー・特典 WordPressテンプレート比較と評判

 

それでも手が届かないところ

WP Touchにせよ、賢威にせよ、基本的にはデスクトップのサイトにおけるメインカラムをスマホで自動的に表示してくれるものです。

こちらとしてはサイドバーにもいろいろ魅力的な仕掛け(PV Up目的)を用意しているので、それらがスマホだと見てもらえないのは残念です。

関連記事(例えば WordPress Related Posts)はあるものの、もっとうまくサイドバー記事へ遷移してくれるような仕掛けが自動的に行なわれると良いのになぁと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ